2010年05月25日

「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は18日朝、宮崎県で発生した家畜伝染病、口蹄(こうてい)疫の被害拡大に関する政府、宮崎県の対応について「一定の部分は(問題が)あると思う」との認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場
対応後手、与党からも政府批判=野党は責任追及へ
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望
政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援

少子化問題、結婚取り巻く環境変わった 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
奈良の鹿にも口蹄疫の危険性、見回りで監視(読売新聞)
東国原知事、政府方針に「補償はしていただく」(読売新聞)
薬事法違反容疑で無職男逮捕=「RUSH」4000万円売り上げか―警視庁(時事通信)
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査−経産省
posted by スギヤマ ヨシイチ at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。